生産基地と消費市場としてアツイのがベトナム

ベトナムと聞くと、社会主義国、ベトナム戦争、貧しいなど、マイナスのイメージがあると思います。実際、日本と比べると確かに貧しい国です。しかし、そんなベトナムですが、今後大きく発展する可能性を秘めています。その理由は、いくつか挙げられます。

1.生産基地として

ベトナムは、若い世代の人口が多いです。ベトナムの国民の平均年齢は28歳と若いです。(参考:中国35歳/日本45歳)日本と比べると、半分ぐらいの年齢ですね。よく、経済発展を見る指標に人口ピラミッドというのがありますが、ベトナムは若い世代が多く、きれいな人口ピラミッドです。そして、人件費が安いです。現在、世界の工場は中国です。しかし、中国は人件費の高騰、政治的なリスクなどで、世界の工場としてのメリットが薄くなっております。次の世界の工場として注目されているのがベトナムで、外国の企業、中国の企業、日本の企業が続々とベトナムに進出しています。外資企業が増えると経済が大きく発展します。ベトナムは今後製造業で大きく発展する潜在力があります。

2.消費市場として

ベトナムは毎年5~6%の経済成長をしています。外資企業を中心として、工場や企業がベトナムに増えれば、ベトナム人の給料も上がっていきます。給料が上がれば消費もするようになり、また、外資企業が多く進出すれば、外国の商品が増え、消費も増えていきます。更に、ベトナムの人口は約9000万人と人口が多い国です。今後は消費市場としても、大きな潜在力を持っています。

現在のベトナムは、経済が大きく発展する素地ができ始めています。すぐに大きく発展はしませんが、10年、20年と大きなスパンで見ると、大きく発展する可能性があります。

ベトナムで働く日本人向けのサイトもこれから増えていくでしょう。例えば次のようなサイトは情報源になりますね。

日本国とベトナム間の国策、日本からの投資、経済連携協定もありますし、ベトナムが若い国であり消費市場としても拡大するだろうこともあります。

いま上昇中の国・産業に携わるビジネスマンもそこでの経験、役職、給料、自己の向上など様々な面でのメリットがあるでしょう。

ベトナムでの経歴は今後のビジネスマンとしてのキャリアに必ず上積みになります。

引用:ベトナム求人情報サイトで就職!日系企業の業界に求人あり

生産基地と消費市場としてアツイのがベトナム:関連ページ

ベトナム人とスムーズに仕事をするための10のポイント
もしもベトナム人と同僚になったら。 そういった時に知っておくと便利な、ベトナム人とスムーズに仕事をするために重 […]
ベトナムで人材派遣会社を立ち上げるという事業展開
現在東南アジアの中でも、労働力の面で非常に注目されているのがベトナムです。ベトナムの労働力が注目されているのは […]
仕事中にビックリ!度々の停電には冷静な対処を
ベトナムでは日常生活を支えるインフラの整備がまだまだ発展途上であり、特に多いのが電気関係のトラブルによる停電で […]
違法コピーのソフトを堂々と使っているベトナムのIT仕事現場
ベトナムでは街のあちこちで違法コピーのソフトが売られていますし、屋台のようなところだけではなくコンピューターシ […]
近隣諸国とも繋がりが深い事は仕事面でも影響している
日本は島国ですから他の国との国境に面している場所がないため、国外に行くとなると海を越える必要があり少しハードル […]
ベトナム人と仕事をするという事、お祭り好きの側面も
ベトナム人というと東南アジアの中でも大人しくておしとやかなイメージがあるかもしれません。 仕事に対しても真面目 […]
魅力的な仕事を任される事も!レベルの高い仕事が出来るベトナム
日本では企業の一社員としてごく普通に仕事をこなす毎日だという方であっても、ベトナムに飛び出してみたら状況が一変 […]
ベトナムは土曜日も仕事、休日は日本より少ない
日本人は他の国の方々からすると「働き過ぎ」というイメージがあるのかもしれません。 毎日朝早くから夜遅くまで長時 […]
ベトナムでも当たり前の心構え、仕事に前向きになれるかどうかが大切
ベトナムでの就職や転職をするには、どのような職種に就くのか、そして個人個人の語学力だったり、持っている知識やス […]
仕事場で使われている言葉についても把握しておこう
人口8000万人と言われるベトナムの中には、確認されているだけでも54の少数民族が生活しています。中国系の民族 […]